KURAGE online | 回収 の情報

KURAGE online | 回収 の情報

「 重油 」 の情報 

重油流出 派遣の海上保安官会見

... 保安官が記者会見し、各国の当局や民間企業が連携して重油の回収にあたった結果、海上の重油の大部分が取り除かれたことを明らかにしました。

モーリシャス座礁 田村貴昭氏聞き取り

環境省は、マングローブ林に漂着した重油の回収方法を模索しており、座礁した尾部分やオイルフェンスがサンゴ礁を削り海域を汚濁している

子どもに人気の図鑑「わけあって…

地元住民や国際緊急援助隊が回収に当たってきたが、重油は作業しにくいマングローブ林にも入り込んで、除去は難航しているという▽自然豊かで「

自然の力

世界的に貴重な生態系が息づく青い海は、座礁した日本の貨物から流れ出た大量の重油で黒く染まった◇海上の油回収は進んでいるものの、小魚や

「チョコムース」になる重油 海底に沈むまでがリミット

金沢大学の田崎和江名誉教授(地球環境学)は事故発生の翌日から漂着した重油の回収や分析を続けてきました。田崎教授は、「20年以上経っても

神戸製鋼、船の排熱回収し発電 重油使用抑え省エネ

から出る排熱を回収して機器の発電に使い、重油に代わって内電力を賄う仕組み。川崎汽と組んで実証を進める。 国際海運では2050年までに

モーリシャス座礁、マングローブ林の油回収が難航

インド洋の島国モーリシャス沖で商三井が手配した大型貨物が座礁し燃料の重油が大量に流出した事故で、マングローブ林に漂着した油の回収

貨物船の船体が2つに...重油回収続くも作業難航 モーリシャス沖

現地では、地元の住民たちが、サトウキビの葉やの髪の毛を使ったオイルフェンスを作って、流出した重油の回収を続けているが、作業は難航して

モーリシャスでの商船の原油流出に出動 海保「機動防除隊」 海洋汚染対策のプロ集団とは?

三井の発表では、外に流出した重油は1000トン以上になるとのことで、懸命な回収作業が続くなか、現地モーリシャス政府からの要請を

モーリシャス沖の重油流出 現地で環境被害への懸念広がる

インド洋の島国モーリシャスの沖合で、商三井が運航する貨物が座礁して大量の重油が流れ出た事故では、重油の回収作業が進められています

Copyright© KURAGE online | 回収 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.