KURAGE online | 回収 の情報

KURAGE online | 回収 の情報

「 船 」 の情報 

油流出事故想定し訓練 浜田で海保 /島根

からオイルフェンスをU字に張り出して油の広がりを防ぎ、クレーンで回収装置を洋上に設置し、油をタンクに吸収する作業を、浜田港の岸壁上で

スズキ、海洋プラ回収装置を開発 船外機に取り付け

スズキは1日、の外付けエンジンである外機に取り付けるマイクロプラスチックの回収装置を開発したと発表した。同装置は世発初という。細かく

モーリシャス沖の油流出事故

三井は、長鋪汽(岡山県笠岡市)が所有し乗組員を乗させたこのに対し、荷物や行先を指定していた。 体に残る油は13日までに回収された

神戸製鋼、船の排熱回収し発電 重油使用抑え省エネ

から出る排熱を回収して機器の発電に使い、重油に代わって内電力を賄う仕組み。川崎汽と組んで実証を進める。 国際海運では2050年までに

ボートが漂流?正体は精霊船でした 長崎市の沖合、海保「救助活動の支障に」

最長2・3メートルの回収し、2時間にわたる捜索を終了した。 精霊流しで長崎市は、街中を引いたを海岸で回収する「流し場」を設けている。

重油流出船、亀裂拡大 モーリシャス沖、破断の恐れ―商船三井

一方、現地警察は現地時間9日、同員を同行させ、に立ち入った。体の状況を確認するとともに、事故調査に向け運航記録などを回収した

モーリシャス座礁船、警察が立ち入り 日誌など回収

... モーリシャス沖で座礁し大量の燃料油が漏れ出た問題で、現地警察が9日(現地時間)、に立ち入り、航海の状況解明の参考になる物品を回収した

モーリシャス座礁船、現地警察が立ち入り 日誌など回収

... 警察が9日(現地時間)、に立ち入り、航海の状況解明の参考となりそうな物品を回収した。同社によると、乗していた外国員が同行した。

瀬戸内海に大量の漂流ごみ(愛媛)

松山港では28日も、沖合いで回収された木やごみをから運び出す作業が行われました。 国土交通省のが愛媛沖の瀬戸内海で回収した漂流ごみの量は、今月

佐賀)有明海沿岸の漂着ごみ 県が回収始める

九州を中心に降った豪雨の影響で大量のごみが流れ着いた有明海沿岸で、佐賀県が20日から回収作業を始めた。22日は県有明海漁協の組合員もを出し、

Copyright© KURAGE online | 回収 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.